BLOG & NEWSブログ・お知らせ

OKR導入企業インタビュー「不動産トラブルに安心を」株式会社アースコンサルテイングオフィス 代表取締役 神田加奈氏

関西を中心に不動産コンサルティング事業に取り組む株式会社アースコンサルテイング。不動産のトラブルに特化したプロのサポートを行うため、2009年に設立。設立10年を迎えるにあたり、更なる成長を目指すためにOKRを導入し、日々の経営に活かしている。その秘密を代表取締役の神田加奈氏と、株式会社タバネル代表取締役の奥田和広との対談を通じてご紹介いたします。

 

不動産トラブルを解決したい

 

(奥田)神田社長が10年前に今の事業を始めた経緯をお聞かせいただけますか?

(神田)私は新卒で不動産を取り扱う会社に入社しました。仕事をしてみると、お客様にとって不動産取引は難しく、分かりにくいグレーな部分がある業界だな、と感じ始めたんです。不動産のトラブルがあっても、相談相手がなかなか見つからないですよね。弁護士さまなどは、法律などに特化した分野には詳しいのですが、実際の不動産取引や対処方法やには精通されていないんです。そこで、法律、税務も含めて根拠ある丁寧な説明をすることでお客様に安心して不動産取引を提供したいと考え、28歳のときに現在の会社を設立しました。

(奥田)不動産のトラブルというのはどういったものですか?

(神田)住宅ローンの返済が困難になったり、離婚、相続などで不動産についてもめたり、といったことです。こういったトラブルを上手く解決できないと、家族関係に亀裂が入り、仲が悪くなってしまうんです。
そこで当社では、こういった不動産のトラブルを回避したり、和解してもらえるサポートとして、不動産コンサルティングを行っています。当社では不動産コンサルティングを通して、お客様ひとりひとりのケースに真剣に向き合って、一番良いトラブル解決方法をご提案いたします。中には自社でトラブルのある不動産を買い取って、当事者になってお話をして解決する、という事例もたくさんあるんです。

(奥田)では、今後はどういった方向性を目指されていますか?

(神田)不動産に長く携わるほど、不動産業界として安心、安全な取引ができていないのでは?と危惧しています。ゆえに、当社としてはお客様が不安を持ちやすい部分、例えば、「明瞭な料金体系」「明確な説明」「スタッフの対応力」を高めていきたいと考えています。そうすることで、より難しいトラブル案件を解決できるようになりたいです。
不動産売買・賃貸は得意ででも、実際にトラブルを解決できる不動産業者は少ないと思うので、同業者から紹介がどんどん増えるくらいまで特化してプロとしての力を高めていきたい。
また社会貢献の意味で考えても、相続トラブルによる空き家問題などの受け皿になるりトラブル不動産を減らすことで日本経済を活性化したていきたいです。同時にトラブル案件を未然に防ぐこと家族関係も良好に保てるので、そういった意味でも社会貢献になると考えています。

(奥田)神田社長はそういった想いを具体化されている点が素晴らしいと感じています。「不動産あんしん相談室®」もその一つですよね。

(神田)ありがとうございます。実際に生活の中で起こる不動産トラブルをプロの立場でわかりやすく解説、解決したいという想いが常にあります。「不動産あんしん相談室®」は実際にトラブルを抱えていても、「誰に相談してよいか分からない」「難しくてよくわからない」などとお考えの方に向けたホームページが必要と考え、2018年に開設しました。マンガでのわかりやすい解説や同じようなお悩みの方の事例紹介などを通じて、お気軽にご相談いただきたいです。

 

同じ方向を見て、一緒に仕事をする大切さ

 

(奥田)設立から10年、どのように組織作りをしてきましたか?

(神田)実は組織作りに真剣に取り組み始めたのは、3年くらい前からなんです。それまでは、不動産のプロとしての自分の能力を高めることに重点を置いていたんだな、と今思います。そんな中、自分の能力を高めることは重要なことですが、何か物足りないとずっと感じていたんです。

(奥田)物足りなさの正体が組織だったんですね。

(神田)そうなんです。自分の能力開発のために参加した研修で、今の会社に足りないのは組織力なんだ、と気づきました。メンバーが増えてきていたこともあって、組織のみんなで仕事をすることの大切さに気づきました。
不動産の仕事は大変なことも多くあります。だからこそ、全員が同じ方向を向いて、一緒に楽しみながら仕事をすることが大切だと考えています。同じ方向を見て団結できる組織にしなければと強く思うようになりました。

(奥田)同じ方向を見るためにどんな取り組みをしてきましたか。

(神田)会社としての理念に沿うことで、同じ方向を見ることができると考え、まず理念を決めました。そして社員に求める価値観をフィロソフィーとして整備しました。京セラフィロソフィーの全員での読み合わせにも取り組んでいます。

 

OKR導入でお互いが分かりあい、モチベーションが上がった

 

(奥田)組織作りに取り組む中で、OKRの導入をご支援させていただきました。OKRを導入しようと決めた理由を教えてください。

(神田)組織力をさらに高めたいと考え、OKRの導入を決めました。これまでも目標管理には取り組んできたのですが、独自の方法だったので本当にこのやり方で良いのか、根拠がなく不安だったんです。タバネルのセミナーでOKRを知り、Googleが採用しているなど世界的に認められている目標管理と分かりました。同じ方向に向かう組織力をアップしたい考え、導入を決断しました。

(奥田)たしかにOKR導入前から目標管理を3か月単位でされていましたが、OKR導入でどう変わりましたか?

(神田)OKRの進捗を可視化して、毎週月曜日に全員で共有をするようになりました。みんなで共有できるので、お互いが分かりあい、頑張りを実感できます。簡単には達成できないような大成功の基準を設けたことも良かったです。
また、不動産の取引は時間が掛かるため、日々の仕事の頑張りが見えにくかったのですが、定量化したことで自己成長を数字で感じられるようになりました。
OKR導入後は業績も上がり、社員のモチベーションも上がっています。

(奥田)組織づくり、OKRの効果が出ているのですね。モチベーションというお話がでましたが、人材育成のステップをKey Resultsに設定しましたがいかがでしたか?

(神田)人材育成のステップを定量化して可視化できたことは、非常に良かったと思います。成長に必要なステップを定量化することで、今どのくらい成長できているかを%で把握できるようになり、社員の励みになっていると感じてます。

(奥田)他には何か工夫されたことはありますか?

(神田)当社含めグループ3社あるのですが、会社ごとにOKRを設定しました。これまでは数値の管理だけはしていましたが、OKRを導入することで役割、目的が明確になり、社員にとっても分かりやすくなりました。

(奥田)OKR導入、運用は教科書通りではなく自社に合ったものが重要だとよくお話するのですが、多くの工夫をしていただいてますね。

(神田)奥田社長に事業内容を理解した上でのコンサルテイングしていただきました。上から目線で言う通りにしなさいと言うコンサルタントの方が多い中で奥田社長は、こちらの状況に共感し一緒に考えながらアドバイスをいただたので、当社に合ったOKRの導入ができたのだと思います。

(奥田)嬉しいお言葉、ありがとうございます。それでは最後にOKRの導入検討中の方に一言お願いします。

(神田)OKRを導入することで、目に見えた指標になるので、みんなで共有しやすくなります。可視化できることで、お互いに分かりあえますし、がんばりが報われるようになります。同じ方向に向かう組織力を高めたい会社には、OKR導入がお勧めです。

 

(プロフィール)

株式会社アースコンサルティングオフィス 代表取締役 神田加奈氏
https://eco2009.jp/

大学卒業後、不動産業界で多種多様な不動産取引の形態を学ぶ。
26歳で自ら区分所有マンションを購入し、住宅ローンで苦労した経験を元に、「不動産問題でお困りの方の力になりたい」と思い、28歳で不動産事業者として独立・法人を設立。
多種多様な不動産を取り扱う中で得た、不動産トラブルや何かしらの問題を、正しい専門知識と固定概念にとらわれない発想で解決することが得意分野である。数多くの住宅ローン支払い困窮者や離婚や相続トラブルを解決に導いた実績あり。
事業の目的は、「自身の培ったノウハウで、お客様に後悔しない選択をして喜んでいただくこと」

 

Pocket

[お役立ち資料]
ダウンロード

「OKRの基本と原則」

組織強化、OKRの導入を検討されている皆様に
無料[お役立ち資料]を準備しております。
上記のリンクよりお申し込みください。

組織づくり・組織強化・OKR導入について
お気軽にお問い合わせください。