(調査発表)やりがいを感じている会社員は35%!

株式会社タバネル(本社:大阪府大阪市、代表取締役:奥田和広)は、全国の20~59歳の会社員(有効回答数177人)に「社員意識と組織文化についての調査」を実施したしました。

調査結果トピックス

  1. 自分の仕事にやりがいを感じている会社員は35.6%
  2. やりがいに大きな差がつく組織文化は「個人の成長機会」「情報のオープン共有」。一方「挑戦的」「トップダウン」には大きな差はない。
  3. 会社全体の目標と自分の目標を理解することが「やりがい」につながる。また、「やりがいの有無」は会社全体の売上向上に影響する。

 

 

自分の仕事にやりがいを感じている会社員は35.6%

全国の20~59歳の会社員177人に「自分の仕事にやりがいを感じている」に対しての意識を伺いました。
その結果、「おおいにあてはまる」7.3%、「ややあてはまる」28.2%の合計35.6%の人があてはまると回答しました。

 

やりがいに大きな差がつく組織風土は「個人の成長機会」「情報のオープン共有」。一方「挑戦的」「トップダウン」には大きな差はない。

「自分の仕事にやりがいを感じている」に対して「大い+ややにあてはまる」と回答した人(以下、やりがいを感じている人)と、「どちらとも言えない」「あまり+全く当てはまらない」と回答した人(以下、やりがいを感じていない人)の会社の組織文化について伺いました。
「個人の成長機会が多い」「個人の成長機会が少ない」のうち、「多い」にあてはまると回答した割合は「やりがいを感じている人」が71.4%、「やりがいを感じていない人」が33.3%と差は38.1%でした。同様に「情報はオープンに共有」「情報はクローズに管理」のうち、「オープン」に回答した割合の差は、32.8%でした。
このことから、「個人の成長機会の多さ」と「情報のオープンな共有」が社員の「やりがい」を育てると言えます。
一方、「挑戦的な姿勢」か「堅実な姿勢」、「トップダウン」か「ボトムダウン」については、やりがいの有無で大きな差はありませんでした。

 

会社全体の目標と自分の目標を理解することが「やりがい」につながる。また、「やりがいの有無」が会社全体の売上向上に影響する。

「会社全体の戦略、目標を理解している」との問いに対し、「やりがいを感じている人」は「大いにあてはまる」11.1%、「ややあてはまる」65.1%の合計76.2%があてはまると回答しました。
一方、「やりがいを感じていない人」には、「会社全体の戦略、目標を理解している」との問いに対し、合計16.7%があてはまると回答しました。このように、「やりがい」の有無で4.6倍の差がつきました。
同様にさらに「仕事における自分の目標は明確である」に対しては、「やりがい」の有無で3.4倍の差がつきました。

つまり、会社全体の目標と個人の目標の理解が、「やりがい」に大きく影響することが分かりました。

さらに、「あなたの会社の直近3年の売上についてお聞かせください」との問いに対し、「増加傾向、どちらかと言うと増加傾向」と回答した割合が、「やりがい」の有無で2.2倍の差がありました。このように「やりがいの有無」が会社全体の売上向上に影響することが分かりました。

主要データ

■やりがいを感じている人、感じていない人による組織風土の違い

差が大きい項目は、前述の「個人の成長機会」「情報オープン」に次いで、「まとまり、一体感」でした。

また、「トップダウン」「上下関係」「挑戦的な姿勢」「個人裁量」については差が大きくありませんでした。

 

 

【調査概要】

【調査概要】
調査名: 社員意識と組織文化についての調査
調査対象: 日本全国の男女 有効回答数177
調査期間: 2018年7月19日~2018年7月20日
調査方法: インターネット調査
=====対象者:属性詳細===================
有効回答n=177
[性別]男性n=104、女性n=73

[年代]20代(n=36)、30代(n=52)、40代(n=50)、50代、(n=39)

【無料】組織診断を無料で実施いたします

現在、当調査結果のリリースを記念して、自社の社員の意識と組織文化などが分かる組織診断を無料で実施しております。

診断概要(抜粋)

全社、部門別などで下記の分析ができます。

  • 社員の戦略理解度、受容性理解度
  • 社員のやりがい、貢献意識、自分の役割理解度
  • 上司、職場との関係性
  • フィードバックと目標達成 など

まずはお気軽にお問い合わせください。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

御社名(必須)

役職

電話番号(必須)