BLOG & NEWSブログ・お知らせ

OKRとは?

近年注目されている目標管理手法「OKR」はご存知でしょうか?
Googleで採用されている目標管理手法として紹介されたことで,日本でも有名になりました。
OKRはGoogleだけでなく, Facebook ,Twitter,そして,日本ではメルカリ,サンサン,freeeなど,多くの成長企業で採用され,ますます注目を集めています。
多くの成長企業で共通するOKRとは何か?そしていかに組織を強くするのか?について解説していきます。

OKRとは何か?

 

OKR は「Objectives and Key Results」の頭文字を取った略称であり,「目的と重要な結果指標」と訳される,目標設定,目標管理の手法です。OKRは, 2 つの要素「O:Objectives(目的)」「KR:Key Results(重要な結果指標)」で構成されます。そして,この2 つの要素はそれ
ぞれ下記の意味を表します。

「Objectives(目的)」とは,当該期間(通常は四半期)に「何を達成したいのか?」「どこに向かおうとしているのか?」といった目的を表す定性的なメッセージです。
もう1 つの要素である「KeyResults(重要な結果指標)」は,目的を「どのように達成するの
か?」「目的との距離をどう把握するか?」を表し,目的の達成度合いを測るマイルストーンとなる重要な指標です。
そして,会社全体のOKRから,部署,チーム,個人のOKRまでつながりを持たせることで,個人
やチームが「Key Results(重要な結果指標)」を目指すことを通じて, 会社全体のベクトルが「Objectives(目的)」に向かうことになります。

Objectives(目的)のポイント

まず,定量的な数値目標ではなく, 定性的なメッセージ「Objectives(目的)」を持つこと
がOKRの特徴の1 つです。そこにはいくつかのポイントがあります。

①挑戦的である
成長のため,現状の延長線上では達成できないゴールである
②魅力的である
組織のメンバーが達成したいと思える魅力,メッセージがある
③一貫性がある
組織全体とチーム,メンバーの目的がつながっている

一般的に企業や組織が掲げる「売上〇円」「利益〇円」など定量的な目標ではなく,定性的なメッ
セージで「Objectives( 目的)」を設定する一番の大きな理由は,チームを鼓舞することにありま
す。数値目標だけを追いかけていると,歯車の一部のような感覚を持つこともあります。また,企業の掲げるミッション,ビジョンは組織全体の最終目的ですが,遠い未来の目的であることでややもすると抽象的なイメージに陥ってしまいます。
そこで「Objectives(目的)」を設定することで,近い未来の自分事として目的を理解できるようになります。

Key Results( 重要な結果指標)のポイント

次に「Objectives( 目的)」を達成するために, 1 つの目的に対して, 2 ~ 5 個程度の「Key
Results(重要な結果指標)」を設定しますが,そのポイントを解説します。

①目的への結びつき
目的を達成するための具体的指針となっている
②重要なものに集中
絞り込まれた本当に重要なことのみに集中する
③計測可能
実績の測定が可能で,成功,失敗の判断基準とできる
④簡単ではないが,達成可能
困難だが,成功確率50%程度で達成できる水準

Pocket

[お役立ち資料]
ダウンロード

「OKRの基本と原則」

組織強化、OKRの導入を検討されている皆様に
無料[お役立ち資料]を準備しております。
上記のリンクよりお申し込みください。

「本気でゴールを
達成したい人と
チームのためのOKR」
の著者が徹底解説

CHECK OKRとは?

多くの成長企業で
採用されている“OKR”
仕組み、導入、運用の
ポイントなどが丸わかり

組織づくり・組織強化・OKR導入について
お気軽にお問い合わせください。