リファラル採用:従業員エンゲージメントが高くなければ成立しない?

リファラル採用とは?

リファラル採用とは社員の紹介、推薦を受けて選考、採用する人材採用の方法のこと。

昔からある縁故採用に近い意味ではありますが、古くから縁故採用のように社内の有力者の血縁者などに限らず、一般の社員による知人などを紹介するという違いがあります。

さらに詳しく

人材採用がますます難しくなってきているため、リファラル採用の注目度は上がっています。

リファラル採用は一般の採用と比べてどのようなメリット、デメリットがはあるのでしょうか。

【メリット】

・社風、業務にあった人が採用しやすい、定着しやすい

既存社員からの紹介のため、社風、業務などに合う可能性が高い人物が紹介されます。社員を通じて入社前に知る情報も多く、また不慣れな入社後の現場に知人がいることから、定着もしやすいです。

・コストが抑えられる

一般の採用のように募集広告費用や仲介会社への紹介手数料費用などが必要ないため、コストを抑えることができます。浮いたコストの一部を紹介した社員に報酬として還元していることも多いです。

【デメリット】

・社員が同質化する

既存社員の知り合い中心になるため、考え方、経験などが似通った人が多くなります。そのため、会社から多様性が失われてしまう可能性があります。

・不採用時のトラブル

リファラル採用の選考過程は通常の採用と同じように面接等を経ることが多いため、当然不採用になることもあります。その際に紹介者との人間関係の悪化などが起きる可能性があります。

組織マネジメントに活かすには

リファラル採用をうまく利用するためのノウハウ、施策もありますが、「社員が知人に自社への入社をどの程度薦めたいと思っているか?」が一番大切です。

この質問に対する回答割合を示す指標がeNPS(Employee Net Promoter Score)と言われており、従業員エンゲージメントを表す代表的な指標の一つです。

なぜなら、仕事内容、労働条件、社風などへの満足度、自分の働きがいや会社の目的との結びつきの実感度などが総合的に見て高くなければ、知人に自社への入社を薦めたいとは思わないからです。

リファラル採用を増やすためには小手先の施策に頼るのではなく、社員の結びつきの強い会社、つまり従業員エンゲージメントの高い会社を目指しましょう。

eBookダウンロード「OKRの基本と原則」

組織強化、OKRの導入を検討されている皆様に無料eBookを準備してしております。下記のリンクよりお申し込みください。