あなたの組織が危機的状況であることを示す3つのサイン

マネージャーもメンバーも成長したいと望んで協力して、組織目的の達成に向かえる状況は財務的にも精神的にも良い状態を向かいます。このようなことは誰もが知っているにも関わらず、危機的状況に陥る、つまり成長ではなく破滅に向かうことがあります。このような危機に対して嵐が過ぎ去るのを待っていても問題解決にはなりません。嵐が来てから治療を行うのではなく、早めに予防をする方が優れています。そのため、組織内の危機的状況に早く気づき、予防できるように3つのサインを説明を示します。

不健全な忙しさ

 

利益は経営者、マネージャーにとって、最も関心の高い事項です。多くの利益を生み出す組織は健全であると考えます。しかしながら、多くの利益のために、従業員が不健全なまでの忙しさ状態を続けると、利益の源泉であるヒトは疲弊してしまし、やがて利益は生み出されなくなります。

不健全な忙しさとは、あまりにも多くの作業によって作り出されます。そして多くの場合、目的に向かって良い戦略を実行することに時間を費やすのではなく、予定外に生じた問題の解決や利益を生み出さない内向きの仕事によって多くの作業が発生します。戦略的に重要で優先順位の高い項目に時間を割くのではなく、たくさんのタスクを列挙して毎朝仕事に取り組む。そのような状態で重要度の高い仕事もそうでない仕事も実行しようとすると、当然忙しさを増します。

コミュニケーションが悪い

コミュニケーションの悪さが組織にとって不健全であることは言うまでもありません。では、どうすればその兆候を早く見抜くことができるでしょうか。マネージャーが知っておくべきコミュニケーション悪化のサインのチェックリストを確認してみてください。

  • マネージャーへの相談が減っている(遅い)
  • ミーティングでの発言量が減る
  • 仕事外の行事への不参加が増える
  • チームの新メンバーに対して、無関心である
  • 他責思考が蔓延している
  • 他チームへの不満が膨らんでいる

 

方向性を見失っている

「なぜ今これをやるべきなでしょうか?」

「私がやらないといけないのでしょうか?」

このような質問が増えてくると、組織は危機的な状況に陥る一歩手前と考えてよいでしょう。

まず、リーダーはメンバーに方向性を示し、導かなければなりません。メンバーがその方向に向ていないと、当然、ゴールに向かう道のりにも疑問が生じます。また、納得感は重要ですが、全員が何の反論もなく賛成の仕事ばかりではありません。そのようなときは一部の業務に対する納得感を犠牲にしても、共通の目的のために尽力することで組織はまとまっていきます。

このような発言の増加は、その対応にかかる時間的、心理的負担が増えるだけでなく、メンバーのモチベーションの低下、生産性の低下を招くことになります。

危機的状況のサインへの対処法

あなたの組織に上記のサインが現れたら、予防的治療とも言える行動を取るべきタイミングです。

現状に対するメンバーの認識を収集することから始めることもできます。また、会議体など組織の運営システムの変更したり、業務管理方法の変更(既存の管理方法をOKRに置き換えるなど)が求められます。

eBookダウンロード「OKRの基本と原則」

組織強化、OKRの導入を検討されている皆様に無料eBookを準備してしております。下記のリンクよりお申し込みください。